社員紹介Who we are

日々新しいビジネスを発見し、
チャレンジできる環境が
整っています。

コンテクスト・デザイン本部
コーポレート・コミュニケーション部

白石 玲音

新卒採用入社(2011年入社)

WHY DG

自分が思い描く理想の会社像に
最も近かったのがDG

 就活中は、商社などさまざまな業種の企業を訪問していました。そんななか、東京で開催されたバイリンガル向けの企業説明会に参加したのがデジタルガレージとの出会いです。当時はいつか自分で事業を立ち上げたい、そのために「作り手」になれる企業で働きたいという思いがあり、会社のビジョンやグローバルでの展開などを念頭に就職活動をしていました。IT企業に就職したいという強いこだわりを持っていたわけではありませんが、多くの企業のなかで、自分が描く会社像に最も近かったのがDGでした。担当の方からの説明だけでなく、ブースで流されていた「ファーストペンギン・スピリット」を紹介する動画からもインスピレーションを受け、「この会社で働きたい!」という思いを持ち、第一期の新卒入社として2011年4月に入社しました。

NOW & FUTURE

同じ会社のなかで異なる経験ができる
その経験が次の事業に活かせる

 入社後すぐに配属されたのはソーシャルネットワーキングサービスを提供する部署でしたが、その後は決済事業、さらにサンフランシスコのDGUSへの駐在を経て、現在はDG全体に関連した社内外のイベントの企画・運営など様々なプロジェクトに携わっています。新規プロジェクトの運営では、収益コストの見積もり・見直し、最終的な事業化へのロードマップなど全体を把握しながら展開していく必要がありますが、グローバルのパートナー企業とのコミュケーションも含め、これまでさまざまな部署で培ってきた経験が活きていると感じています。具体的な例を挙げると、たとえば決済事業では、1円単位で見積りの整合性を考えながら仕事をしていました。今、携わっているさまざまな新規プロジェクトを健全な事業として運営していくためにも、その時に学んだコスト感覚は常に意識しています。グループ内を横断する形で異なる事業内容を経験できるのもデジタルガレージの大きな魅力の一つですね。

Message

リスクとチャレンジのバランスをとって、
新しい世界に飛び込んでいこう!

 IT業界では技術革新にともなう新事業が次々に生まれていますが、私が「作り手側」として大切にしているのは、新しいビジネスと既存のビジネスの両方をしっかり推進していくことです。まず、収益の柱である既存の事業を堅実に維持していく。そのうえで自分から新しい事業に飛び込み、大きなビジネスとして成功させていきます。もちろん、「これはビジネスとして新しい」「面白そうだ」と思っても、見境なく飛び込んではいけません。DGでは新規事業や、他企業とのアライアンスなど、新しいトピックが日々生まれます。そうした時に受け身の姿勢ではなく、常に自分事としてとらえ、積極的に取り組んでいくこと。それが「ファーストペンギン・スピリット」だと考えています。リスクを計算し、どう成功させるかを考えた上で、地道な作業にしっかり向き合って働ける人、チャレンジすること自体を楽しめる人がこの会社に向いていると思います。私たちと一緒にデジタルガレージを盛り上げていきましょう!

Profile

コンテクスト・デザイン本部
コーポレート・コミュニケーション部

新卒採用入社(2011年入社)

白石 玲音LEO SHIRAISHI

2011年4月新卒入社。米国ミシガン州の高校・大学を経て日本国内の大学を卒業。新卒1期生として当社へ入社後、海外アドテクスタートアップのローカライズ担当、ECプラットフォームのインフラ提供に従事。サンフランシスコにあるDGUS駐在を経て現在は社内外のイベント企画や運営業務に携わる。