社員紹介Who we are

バックグラウンドを活かした
キャリアパスで、自分の夢やビジョンに近づいていける会社です

ベリトランス株式会社
グローバルアライアンス部

青木 遥香

新卒採用入社(2017年入社)

WHY DG

インターンシップの経験と
入社後の研修(OJT)で
チャレンジしたい仕事を見つけた

 アメリカの大学に在学中、ボストンキャリアフォーラムでデジタルガレージを知り、大学2年から3年の夏休みを利用してインターンシップに参加しました。もともとIT企業に興味はありましたが、まだ自分が何をしたいのか明確ではなかったので、4つのセグメントを持つDGなら色々なことを学べると思いました。2カ月のインターン期間中は実際に進行しているプロジェクトに入り、一部ですが実務にも携わりました。DGへの入社もインターン経験が大きく影響しました。先輩から「就職してみたら、思っていた会社のイメージとギャップがあることが多い」と聞いていましたが、インターンで社風を知ることができましたし、その後受けた面接でも、「海外経験を役立ててほしい」と言ってもらえたので、この会社なら自分のバックグラウンドを活かした仕事ができると思いました。

アカウントプランナーとして主に国内クライアントのセールスプロモーション活動のサポート

 私の場合、内定をもらって入社するまではMTへの配属を希望していましたが、入社後のOJT(研修)で各事業部を見て回った結果、希望先をFTのグローバルアライアンス部に変更しました。グローバルアライアンス部の取引先はアメリカやヨーロッパ、アジアが多く、研修の際「日本と海外のギャップを埋める作業が一番難しい」と説明を受け、海外生活が長い自分に向いている部署ではないかと考えたためです。新卒者が自分の適性にあった仕事に気づける、選べるという意味で、OJTという研修期間が設けられているのもDGの魅力だと思います。

NOW & FUTURE

日本の決済システムを海外に広げたい

 海外のクライアントが日本で商品を売る際に利用できる、ネットや対面のQRコード決済を含めたさまざまな決済手段を提案しています。海外ではクレジットカード決済さえあればいいと考えているEC事業者も少なくありませんが、日本には各種決済の方法があることを紹介し、日本の文化を含めて納得していただき、両者のギャップを埋めながら商談を進めます。実際に決済を導入した事業者さんから、「売り上げが伸びた」と喜んでもらえた時は本当にうれしいです。ニュースでは「日本のある企業が海外企業と提携した」などという話はよく耳にしますが、自分が働いている現場で経験するのはなかなか難しいことです。それが私の部署では、決済を導入してもらうことで日々実感することができます。日本の決済がニーズとして伸びていることを身をもって感じられるのが大きなやりがいになっています。現状はインバウンドですが、今後は日本の事業を世界に売り込んでいきたいです。簡単に実現できることではありませんが、日本の素晴らしいサービスやテクノロジーを世界中に拡大し、インバウンド・アウトバウンド両面からサポートできる窓口になりたいと思っています。

Message

自分の夢やビジョンに、
一歩ずつ近づける会社だということ

 デジタルガレージは異なるバックグラウンドの人たちが多く、それぞれの個性を活かした仕事に取り組んでいける会社です。新卒でも手を挙げればチャレンジさせてもらえる社風ですが、だからこそビジョンや目標を持っていてほしいと思います。私は大学卒業時まで12年間アメリカにいましたが、日本での就職を決めたのは「世界の中で日本の存在を拡大したい」という想いを持っていたからです。ずいぶんざっくりとしたビジョンですが、仕事を通してそのビジョンに一歩ずつ近づいていけるのがこの会社だと思っています。目標に向かって一緒に進んでいきましょう!

Profile

ベリトランス株式会社
グローバルアライアンス部

新卒採用入社(2017年入社)

青木 遥香HARUKA AOKI

2017年4月新卒入社。在学中にデジタルガレージのインターンに参加したことをきっかけに入社。現在は決済事業にて海外のクライアントに向けた決済プラットフォームの提供に従事している。