BACK
社員紹介

一緒に充実した
仕事に取り組み
さらに素敵な会社へ

アシスタント・ゼネラルマネージャー

DGUS

白石 玲音

新卒採用入社(2011年入社)

WHY DG

デジタルガレージは、強い意志と、真っ先に挑戦する社員が活躍する会社

 第1期の新卒入社として2011年4月に入社しました。当時はいつか事業を立ち上げたいという思いがあり、会社の選定基準をいくつか持っておりました。「ど」ベンチャーであることがその一つで、デジタルガレージへの入社が決まる3ヶ月ほど前までは、全く別の社員数10名ほどの企業で長期インターンをしていました。就職活動中はインターン先の企業以外にも、社員数が50人以下でこれからより伸びていきそうな企業を探し、ビジョンに共感を得ることができる経営者に出会い、その方の近くで仕事ができる環境を求めていました。当時は、インターネット業界以外の企業をより多く見ていたのですが、卒業も間近な折にちょっとしたキッカケで、バイリンガル向けの企業説明会に足を運び、デジタルガレージのブースを訪れました。そこで会社説明を受けた瞬間から「この企業で仕事をし、事業の立ち上げに携わりたい」という思いを持ったのです。先に挙げた基準のうち、「事業の立ち上げ…」「これから伸びていきそう」「共感できるビジョン」が自分の希望に合致し、これまで出会ったどの会社よりも気持ちに確信が持てました。その時から、デジタルガレージは、強い意志と、真っ先に挑戦する「ファーストペンギンスピリット」を持った社員が活躍する会社、ということをを一貫して意識しています。これからも、その思いを体現していくことが、デジタルガレージの一員として働くうえで大切だと考えています。

対談の様子

PROJECT

日々新たなビジネスチャンスを発見し活かすことが
この業務の面白味であり、成果に結びつけたい

 Digital Garage US, Inc.(DGUS)に駐在しています。業務内容は多岐に渡ります。DGUSはSan FranciscoでDG717というコワーキングスペースを運営しています。施設、テナントスペースの管理やマネジメント、資産を最大限に活用することが主なな役割です。現在コワーキングスペースには、弊社グループのクライアント、合弁会社、投資先企業、その他日米のスタートアップなど、約14社が在籍しています。DG717のイベントスペースでは、週に3回程、Bay Areaのイノベーターたちによるイベントが開催されます。このような利用者の方々に、ビジネス活動を円滑に行える環境、新たなビジネスやネットワークの機会、より良いコワーキングスペースの提供を心がけています。また、現在弊社で注力しているプロジェクトに、次世代の事業を共同で創出することを目的とした、オープンイノベーション型の研究開発組織「DG Lab」があります。その拠点がSan Francisco、DG717に置かれており、パートナー企業とコアテクノロジーを結びつけるようなビジネスマッチングやデューデリジェンスなどの活動を行っています。日本のデジタルガレージ本社で勤めてきた経験と知識、社内ネットワークなどを活かして、新規ビジネスシーズや最新情報を日本に送り込み、。デジタルガレージグループのグローバルな事業展開への貢献が求められます。そして、THE NEW CONTEXT CONFERENCE SAN FRANCISCOの開催、後続の駐在員が仕事をしやすいよう環境整備すること、などがあります。後長く大きく成長していくためにDGUSの土台を作るような仕事です。日々新たなビジネスチャンスを発見し活かすことがこの業務の面白味であり、そのために力を発揮し成果に結びつけることが挑戦でもあります。

FUTURE

大きな挑戦を自らに課して
会社に貢献していきたい

 事業立ち上げにありとあらゆる形で携っていきたいと考えています。これまでデジタルガレージグループは「IT, MT, FT, MI」4つの要素が連携し、グループシナジーを生み出してきました。今後はその力をさらに増強し、第2、第3の「デジタルガレージモデル実現に貢献すること」が私の目標の一つです。例えば米国で「IT, MT, FT」の機能を備える事業群を立ち上げる、というのは大きな挑戦となります。そのようなミッションを自らに課して会社に貢献していきたいと思います。

対談の様子

MESSAGE

一緒に充実した仕事に取り組み
デジタルガレージをさらに素敵な会社へ

 新規事業に向けた地道な業務も、興味をもって取り組むことができ、情熱を持ち楽しみながら働ける人と一緒に仕事がしたいです。「ファーストペンギン」という言葉はよく聞こえますが、それをイメージするとき、ペンギンが飛び込む画ではなく、自分が海に飛び込む画を想像して欲しいです。つまり、飛び込んでいるのは自分だ、と。「自分が飛び込むイメージ」を持てる人とデジタルガレージを作っていきたいです。会社に入ってから、周りで仕事をしている人が、どのように自ら業務を進めているのか、それが周りにどのような形で役に立っているのかに気が付き、理解し、自らの取り組みに活かすことを目指して欲しいと思います。また、すでに「ファーストペンギンスピリット」を体現しつつあるならば、その力を大いに発揮してください。自らが「ファーストペンギン」であれば、デジタルガレージでの仕事は充実したものになると思います。一緒に充実した仕事に取り組み、デジタルガレージをさらに素敵な会社にしていきましょう!

白石 玲音

PROFILE

DGUS

新卒採用入社(2011年入社)

白石 玲音
LEO SHIRAISHI

2011年4月新卒入社。米国ミシガン州の高校・大学を経て立命館大新卒業。アントレプレナー系の経営学を学ぶ。新卒1期生として当社へ入社後、海外アドテクスタートアップのローカライズ担当、また、決済事業を通じ、ECプラットフォームのインフラ提供に従事。現在はサンフランシスコにあるDGUSにおいて、グローバルインターネットビジネスの展開を手掛ける傍らインキュベーションセンターDG717において、次世代のビジネスを生み出す取組みを行っている。