BACK
社員紹介

僕のやりたいことが
出来る環境で
大好きな場所ですね。

チーフアーキテクト

DG Lab

エクトル ガルシア

キャリア採用入社

WHY DG

チャレンジしていく会社だから
デジタルガレージを選んだ

 なぜデジタルガレージを選んだかというと、僕は普通の大企業じゃなくて、中堅や今から伸びる会社のほうが面白いと思ったからです。何故かと言うと大企業は収益構造が全て構築されていて利益を出しているだけですが、小さい会社はこれから何を作るべきかを考えています。これがデジタルガレージを選んだ理由です。これがファーストペンギンスピリット。ある意味では、チャレンジしていく会社だからデジタルガレージを選びました。

対談の様子

PROJECT

AIがこれからの社会にどういう風に役に立っていくかAIでもっと良い社会にするために研究している

 今DG Labの中に、将来を作っていく技術のResearch and Developmentを担当しています。そこではAI(人工知能)がこれからの社会にどういう風に役に立っていくか、AIでもっと良い社会にすることを研究しています。AIでは自動運転や、カンバセーショナルeコマースのビジネスに貢献する技術を作っていきます。それを作るために、技術側のDeep Learningのアルゴリズムを活用しています。これから人工知能は、次の10年の社会を形作るものになりうるとDG Labは考えています。自分たちの責任は、AIが良い意味で、人間に変わることが出来ることを期待している。例えば高齢社会を生き抜くために、ケアをするロボットを開発する等、鉄腕アトムのスピリットを信じて取り組んでいます。

FUTURE

未来が来るのを待つのではなく
未来を先に作っていくこと

 今の社会の状況では、変化を起こさないとうまくいかないと思います。デジタルガレージのミッションと僕のミッションは未来が来るのを待つのではなく、未来を先に作っていくことです。それこそファーストペンギンであること、自分は未来を作っていきたい、そのためにデジタルガレージはいい環境だと思っています。自分のアイデアは、自分の将来を作れる環境になってます。私たちは、未来のために計画をしません。羅針盤をもって、臨機応変に動いていくのです。

対談の様子

MESSAGE

毎日新しいことに触れ、経験すること
自らこれからの人生をチャレンジし続けたい人

 CREDOにもありますが、勇敢である必要があります。勇気のある人は是非デジタルガレージに来てください。ただ、敷かれたルールに従うのではなく、自らこれからの人生をチャレンジし続けたい人は是非デジタルガレージに来てください。つまりずっとThink for yourself and question authority(自分で考えよ。そして権威を疑え。)を、仕事だけではなく個人の日々の生活にも取り入れて欲しいです。要は、デジタルガレージの仕事中に上司が言っていることに従うことだけではなく、上司が間違っていれば本人に言える環境があります。毎日新しいことに触れ、経験することに躊躇がない人にはぜひデジタルガレージに来て欲しいです。

エクトル ガルシア

PROFILE

DG Lab

キャリア採用入社

エクトル ガルシア
HECTOR GARCIA

スペイン生まれ、コンピュータサイエンス修士号を取得して、欧州原子核研究機構CERNで研究後、来日。日本ではコンシューマー・ インターネットのシステム開発を行った。2016年7月に発足したDG LabのChief Architect担当としてブロックチェーン、セキュリティ、AI、仮想現実、バイオテクノロジーといった先端技術を活用した研究開発、事業化を目指す。趣味はカメラと本の執筆。スペインでは5冊販売し、国際的に50万部を超えベストセラーになっている。