Interview 03

Takayuki H.

Marketing Div. / Deputy Head
マーケティング事業 副部長

My Work

現在の仕事

2011年新卒第1期入社。大学では芸術工学を専攻し、大学院まで進学。メディア環境の計画・設計について学び、デジタルコンテンツ制作を研究テーマとしていた。IT、web業界と広告業界に興味があったことに加え、新卒採用開始1期目というタイミングに魅力を感じ、デジタルガレージに入社。現在、マーケティング事業にて、副部長の職位を担う。

CAREER

これまでのキャリア

2011

新規営業を経て、先輩の業務を引き継ぐ

MTセグメントに配属され、クライアントのフロントに立つ営業職に就きました。最初に課されたミッションは新規営業で、営業先のリストアップからアプローチ方法まで自分で考えて実践していましたが、そう簡単にうまくはいかなかったです。そんな中、大型の既存顧客を先輩から引き継ぐことになり業務が一変。新人ながら先輩の業務の全てを任されたので本当に大変でしたが、チャンスだと思って食らいつこうとしていたのを覚えています。

2013

新規事業の立ち上げに営業担当として参加

ようやく業務に慣れてきた頃、部署内で金融関連の企業と一緒に立ち上げる新規事業の話があり、チャンスと思い自ら手を挙げ、その事業の営業を担当させてもらいました。既存のお客様への営業活動との兼務だったので不安はありましたが、自分が決めたことだと腹を括り業務に没頭しました。実務でしっかり結果を残していれば、年次を問わず「やってみたい」と意思表示できるのがDGの誇れる文化だと今でも思います。

2014

入社4年目でグループリーダーに

その後も、新卒社員ならではの顔の広さとフットワークの軽さを活かして、様々な新規事業に携わらせてもらい、WEBマーケティングを中心に多くの貴重な経験を積むことができました。入社4年目には、その幅広い業務経験が評価されてグループリーダーの役職を頂き、チームを受け持つことになりました。色んな所にチャンスが転がっている環境の中で、何事にも興味を持って行動してきて良かったと感じた瞬間でした。

2016

マネージャーに就任し、組織づくりに邁進

リーダーからマネージャーに職位が上がると、見るべきことやるべきことが大きく変化してきました。その中でも、組織づくり作りに向き合っていくことは大きな役割の1つです。メンバーが働きやすい環境を整え、全員が最大限力を発揮できるように考えを巡らせる。これまで経験したどの業務とも異なる難しさがありましたが、その中で助けになったのは多くの仲間の存在でした。先輩後輩関係なく、フラットに何でも相談し合える環境には何度も助けられています。

2019

副部長として部の未来について本気で考える

現在は副部長となり、引き続き組織作りに向き合いつつ、組織の未来について考える機会も増えてきています。変化の激しい業界の中で、どうやって自分たちが提供できる価値を上げていくか。その難しい課題に取り組みながら、「クライアントの事業を導ける、唯一無二のパートナー」を目指して、部のみんなと議論を重ねています。自分たちの未来が自分たちの行動で変わっていくのを実感できる日々は、毎日が刺激的です。

Vision

今後のビジョン

強い組織と強い事業が作れる人間になりたい。その為には組織づくりと事業づくりの経験をし続けることが重要だと思っています。DGは自然と様々なチャンスが湧いてくる会社だと思うので、そういった機会とこれまで得たマーケティングの経験を掛け合わせて、新たなビジネスの創出に携わっていきたいです。